大三国志 城主府レベル7を目指す!

アプリ攻略

さて今回は「大三国志」の城主府レベル7を目指す!

レベル7くらい簡単でしょって思ってるがさてさて。

そんなわけでスタート!

スポンサーリンク

はじめに

お馴染みのストラテジーゲーム。城のレベルを上げるだけだが・・・

レベル7でも進めて方を間違えればすごい時間がかかるゲームとなっている!

更に書くなら最初に降り立った場所の周辺の土地次第!祈るしかない。

土地レベル3

必要戦力まで武将のレベルを上げて土地を確保するだけ。

もちろん土地確保をするたびに徴兵を怠ってはならない。

城から離れれば離れるほど敵の戦力にボーナスが入り倒しにくくなるので注意。

土地レベル必要戦力
600
1400

時給比率

画面上に現在の資源の時給が書かれているのでそれを見ながら土地の占領をする。

時給の比率は「木、鉄、石」を「1:1:2」で確保する。

食糧はあまり必要無い。レベル2の土地のオマケで手に入る程度で十分。

屯田(資源収集)

占領した土地を選択すると「令」を使用して屯田する事が出来る。

令は画面左上に書かれていて1時間で1自動回復し、1日3回、玉符で3回復出来る。

屯田は土地レベルに依存し、更に周囲8マスの占領中の土地からも微量収集する。

そのため出来る限り占領してから屯田する。

演武

時間経過で解放されていくのでクリアを目指して資源&玉符を回収する。

敵に倒されても兵は減らないのでクリア出来る所まで進める。

そこそこ玉符が貰えるので屯田に毎日使っていく。

レベル7まで

必要以上に施設のレベルを上げると資源が枯渇し動けなくなる。

そのため倉庫レベル15以外は任務の分だけで十分。任務もほぼ最初だけ。

上の画像の分だけでクリア出来るので他は必要無い。

序盤

任務をこなして資源を貰いつつ土地レベル3の占領を目指す。

武将のレベルが上がってくれば演武を進めて資源&玉符を回収する。

屯田は絶対する事!屯田が一番資源回収出来るので。

最初から最後までずっと「石」の収集をする事になるはず。

資源時給比率は「土地レベル3」に書いた通りに「1:1:2」を目指す。

終盤

周辺の占領出来るだけの土地レベル3の占領が終われば屯田をするだけの日々。

時間経過で領地数の限界が増えるのでレベル1を占領して時給上げするくらい。

下手に遠出してレベル3に手を出せば徴兵で資源が減るので注意。

倉庫をレベル15まで上げればゴールはすぐそこ。

結局・・・何日かかる?

結果から書けば4日!最初に屯田に気づけていればあと1日縮めれたかも?

序盤は普通にプレイするけど進めればほぼ屯田するだけなので放置しまくり。

玉符で建設時間が短縮出来るので一瞬で終わるからいいよね!

ま、低額案件だからこれくらいでいいのさ!

個人的評価

評価の詳細を書いてたら長くなりすぎるので★だけで表してるよ。

「ポイントとして」は、この時間でこんなに!?って評価。

もちろんポイント条件が違えば当てにはならないけど。

ゲームとして

面白さ :★★☆☆☆

UI  :★★☆☆☆

課金煽り:★☆☆☆☆

ポイントとして

アタリ度:★☆☆☆☆

おわりに

もっと早く終わるだろって思ってたのに4日もかかるとは!

レベル7はレベル7でもこのゲームはレベル8までしかないっていうね!

ま、放置しては屯田を繰り返すだけなので簡単だったけどね(笑)

そんなわけで「大三国志」はこれにて終了!

ポイントサイトに登録してお小遣いを増やそう!

月3000円くらいなら楽しんでゲームをやる程度で達成出来る!

ポイ活をやってる人は多いんだよね。もしまだなら是非やってみよう!

個人的にはポイントサイトに2つくらい登録してた方がお得!

一緒にお小遣いを増やしながら楽しいゲームライフを!

ポイントサイトのポイントインカム

どちらを選ぶ?そんなの決まっている、どちらもだ!

モッピー!お金がたまるポイントサイト
スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

ランダム自由記録

コメント

  1. v より:

    自分もこれランダムさんと同じ位の日数でクリアしました。
    同盟に詳しい方がいてレクチャーを書いて下さっていたんですが、その時は既に王城を上げすぎて石材不足、正に身動きが取れない状況でした…
    それと思ったんですが王符20で時間関係なく短縮出来る仕様もどうなんですかね。やる方としては楽ですが。

    • ランダムランダム より:

      コメントありがとうございます!
      ちょっとでも無駄な事をするとそれだけ時間を食うゲームですからね^^;
      短縮は・・・安すぎると思いますがこちらとしては楽で助かりましたね(笑)

タイトルとURLをコピーしました